2015年11月30日月曜日

7-Zipが5年ぶりのメジャーアップデート バージョンは15.12になりました | ライタス株式会社

7-Zip(せぶんじっぷ)というフリーの圧縮解凍ソフトをご存知でしょうか。

https://sevenzip.osdn.jp/

オープンソースで開発されており、Windows用の圧縮解凍ソフトとして愛用しています。歴史は長く、2000年から開発されているようです。(Wikipediaより)

コマンドラインでも使えることから、バッチで使用したり、7-zip形式の高圧縮を実現してみたりと、素晴らしい活躍を見せてくれています。
インストールが英語なので、ちょっと取っつきにくいかも知れませんが、日本語プロジェクトもあり、こちらも最新版が提供されていました。騙されたと思って是非試してみてください。
https://osdn.jp/projects/sevenzip/

今回は、5年ぶりの正式版リリースということで、ニュースを見るまでアップデートを忘れておりましたので、この機会にアップデートしました。

使用感は変わらないのですが、いろいろなバグが修正され、新機能も追加されたようです。 特にコマンドラインのオプションが増えたようなので、取り上げてみます。

コマンドラインで見ると、以下のようになりました。

7-Zip [64] 15.12 : Copyright (c) 1999-2015 Igor Pavlov : 2015-11-19

Usage: 7z <command> [<switches>...] <archive_name> [<file_names>...]
       [<@listfiles...>]

<Commands>
  a : Add files to archive
  b : Benchmark
  d : Delete files from archive
  e : Extract files from archive (without using directory names)
  h : Calculate hash values for files
  i : Show information about supported formats
  l : List contents of archive
  rn : Rename files in archive
  t : Test integrity of archive
  u : Update files to archive
  x : eXtract files with full paths

<Switches>
  -- : Stop switches parsing
  -ai[r[-|0]]{@listfile|!wildcard} : Include archives
  -ax[r[-|0]]{@listfile|!wildcard} : eXclude archives
  -ao{a|s|t|u} : set Overwrite mode
  -an : disable archive_name field
  -bb[0-3] : set output log level
  -bd : disable progress indicator
  -bs{o|e|p}{0|1|2} : set output stream for output/error/progress line
  -bt : show execution time statistics
  -i[r[-|0]]{@listfile|!wildcard} : Include filenames
  -m{Parameters} : set compression Method
    -mmt[N] : set number of CPU threads
  -o{Directory} : set Output directory
  -p{Password} : set Password
  -r[-|0] : Recurse subdirectories
  -sa{a|e|s} : set Archive name mode
  -scc{UTF-8|WIN|DOS} : set charset for for console input/output
  -scs{UTF-8|UTF-16LE|UTF-16BE|WIN|DOS|{id}} : set charset for list files
  -scrc[CRC32|CRC64|SHA1|SHA256|*] : set hash function for x, e, h commands
  -sdel : delete files after compression
  -seml[.] : send archive by email
  -sfx[{name}] : Create SFX archive
  -si[{name}] : read data from stdin
  -slp : set Large Pages mode
  -slt : show technical information for l (List) command
  -snh : store hard links as links
  -snl : store symbolic links as links
  -sni : store NT security information
  -sns[-] : store NTFS alternate streams
  -so : write data to stdout
  -spd : disable wildcard matching for file names
  -spe : eliminate duplication of root folder for extract command
  -spf : use fully qualified file paths
  -ssc[-] : set sensitive case mode
  -ssw : compress shared files
  -stl : set archive timestamp from the most recently modified file
  -stm{HexMask} : set CPU thread affinity mask (hexadecimal number)
  -stx{Type} : exclude archive type
  -t{Type} : Set type of archive
  -u[-][p#][q#][r#][x#][y#][z#][!newArchiveName] : Update options
  -v{Size}[b|k|m|g] : Create volumes
  -w[{path}] : assign Work directory. Empty path means a temporary directory
  -x[r[-|0]]{@listfile|!wildcard} : eXclude filenames
  -y : assume Yes on all queries



まだ、コマンドオプションの検証はしていませんが、ご参考までお知らせします。

0 件のコメント:

コメントを投稿