2018年9月12日水曜日

いまこそBCPの再確認、見直しを | ライタス株式会社

先の台風21号ならびに、北海道胆振東部地震にご被災されました方には、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い再建をお祈り致します。

今回のような災害においては、いかに準備が大事かということを、改めて思い知らされたところではありますが、我々ITインフラを支える者としては、いかなる状況におかれても、
システムを止めない、
あるいは、止めるとしても安全に止めるということ、
あるいは、破壊されたとしても速やかに正常な状態に復旧させること
を意識して仕事をしています。

もちろん、システムだけではないですが、復旧させた後、正しく稼働をできる状況にすることも大事です。

経営に取り組んでおられる方は、自社の事業をいかに継続させるか、社員の生活をどのように守るか、腐心しているかと思いますが、
弊社では、BCP(事業継続計画)を予め策定されることをお勧めしています。
あらゆる事業が展開される中で、BCPが適切に運用できるか、役員・社員に浸透しているかを確認することは、手間であるがゆえに放置されがちです。
いざというときに、代表がケガなどで指揮が取れない場合などが発生した時に、会社を守り切れるかという現実に発生しうる問題については記載されていると思いますが、システム管理者が個人に依存している環境下で、システム管理者が行動不能になった場合まで、記載されているケースは、少ないかと思います。

弊社では、
「BCPはとりあえず策定したけど、そのあと何もしていないが、時間がないので放置している」
「新たなシステムを維持するのに、適正な体制が取れているのか不安」
「BCPってよく聞くけど、どのように策定したらよいかわからない」
といったお悩みに、ITインフラの立場を超えてご相談に応じています。

災害が発生してしまったから、見直すというわけではありませんが、意識が高いこの時期に、今一度、社内の体制について見直してみてはいかがでしょうか。




2018年9月6日木曜日

北海道の震災につきまして、ITインフラの復旧を一部支援します | ライタス株式会社

今朝方、北海道方面で発生した地震により、多数の方が被災されているようで、心配しております。
いち早い復旧、普段とかわりない生活への復帰を祈念しております。

今回の地震では、道内総停電という、過去に類を見ない規模の停電が発生しており、石狩をはじめとした、データセンターも影響を受けています。

http://support.sakura.ad.jp/mainte/mainteentry.php?id=24776

石狩データセンターは、自家発電を使用した48時間の稼働を謳っています。
これは、その猶予時間の間に電源の復旧を見込んでいることもありますが、猶予時間の間に、他のデータセンターへ移設することも考慮してのことです。
今回の地震で発生した停電は、発災から6時間が経過した現在でも、復電の見通しが立っていないようです。
北海道に稼働中のシステムが存在する場合は、復電しなかった場合も考慮しつつ、どのように対応するべきかについて、急ぎご検討ください。

DRP(災害時復旧計画)やBCP(事業継続計画)を策定している企業であれば、その計画を実行中のことと思います。
社員、またその家族、取引先等の安否確認は、真っ先に実施する内容ですが、今後の操業・営業計画も重要なことです。慌てずひとつひとつ実施していきたいところです。

一部では、メールサーバーなどのサービスが止まっているという話も聞こえてきております。
緊急に復帰したい、復帰手段がわからないなどの場合には、なんらかお手伝いができるかもしれません。
本震災による技術的支援につきましては、弊社問い合わせ窓口、Facebookページからのメッセージ等によりご連絡いただければ、ご支援させていただきますので、ご連絡ください。(ご支援の内容は、簡易復帰までとなります。復帰できるかどうかまでは、お約束できませんのでご了承ください。)