2018年9月6日木曜日

北海道の震災につきまして、ITインフラの復旧を一部支援します | ライタス株式会社

今朝方、北海道方面で発生した地震により、多数の方が被災されているようで、心配しております。
いち早い復旧、普段とかわりない生活への復帰を祈念しております。

今回の地震では、道内総停電という、過去に類を見ない規模の停電が発生しており、石狩をはじめとした、データセンターも影響を受けています。

http://support.sakura.ad.jp/mainte/mainteentry.php?id=24776

石狩データセンターは、自家発電を使用した48時間の稼働を謳っています。
これは、その猶予時間の間に電源の復旧を見込んでいることもありますが、猶予時間の間に、他のデータセンターへ移設することも考慮してのことです。
今回の地震で発生した停電は、発災から6時間が経過した現在でも、復電の見通しが立っていないようです。
北海道に稼働中のシステムが存在する場合は、復電しなかった場合も考慮しつつ、どのように対応するべきかについて、急ぎご検討ください。

DRP(災害時復旧計画)やBCP(事業継続計画)を策定している企業であれば、その計画を実行中のことと思います。
社員、またその家族、取引先等の安否確認は、真っ先に実施する内容ですが、今後の操業・営業計画も重要なことです。慌てずひとつひとつ実施していきたいところです。

一部では、メールサーバーなどのサービスが止まっているという話も聞こえてきております。
緊急に復帰したい、復帰手段がわからないなどの場合には、なんらかお手伝いができるかもしれません。
本震災による技術的支援につきましては、弊社問い合わせ窓口、Facebookページからのメッセージ等によりご連絡いただければ、ご支援させていただきますので、ご連絡ください。(ご支援の内容は、簡易復帰までとなります。復帰できるかどうかまでは、お約束できませんのでご了承ください。)

0 件のコメント:

コメントを投稿