2016年7月8日金曜日

SFTPのタイムアウト調整 | ライタス株式会社


NTTクラウドエヌのオブジェクトストレージを
s3fsでマウントして、sambaやwebdavで共有してみましたが、
途中でセッションが切れる(頻繁)・・・ので、SFTPでやることにしました。

WinSCPを使って、ミラーリングアップロードをやってみたのですが、
50MBを超えたあたりのファイルから、時々接続タイムアウトが発生するようになりました。

せっかく書き込みに成功しているっぽいのですが、ファイルクローズ処理に失敗しているようです。


うまくいくこともあるのですが、失敗するケースがほとんどなので、
どうしたものか悩んだ挙句、正攻法(?)の解決として、接続タイムアウトを伸ばすことにしました。



今のところ、とりあえず、600秒に設定して様子を見ています。

やはり、s3fsでマウントした領域は、レスポンスが良くない(当然ですが)ので、
それなりの工夫が必要そうです。。。


WinSCPでの設定として、私が行ったのは、


  • .filepartファイルを作成しない
  • 接続タイムアウト600秒


ぐらいだったかと。。。

何かの役に立てば幸いです。



本記事は、弊社代表のブログ記事なんでもIT屋の宿命からの記事を加筆修正したものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿