2016年7月26日火曜日

VSS移行中に通信断の悲劇 | ライタス株式会社

昨日、プロジェクトに使用しているVSS(Visual SourceSafeの方。Volume Shadow Copyと同じ略だから紛らわしい)のサーバー移行を頼まれました。

既に仮想ハードディスクで運用しているとのことだったので、いっそ、そのファイルごとデータセンターへ移設してしまえと考えました。
仮想ハードディスクの容量:37GB
拠点間通信速度:100M/bps(ベストエフォートなので実測30Mぐらい)

VSSを停止したのが、午後6時。コピーに3時間半ほど掛かると表示されたので、帰るのは終電コースがほぼ確定orz

さらに悲劇が・・・

拠点間通信には、USENを利用しているのですが、突然コピー中に通信断が発生しました。
てっきりVPN機器に負荷をかけすぎたのかと思ったのですが、VPN機器そのものに対してはエラーがなく、インターネット側の接続断が記録されていました。
レジュームコピー機能のあるコピーソフトは使っていたのですが・・・ファイルは壊れて使い物にならず、結局やり直し。

にしても、つくづく運がないなぁ・・・と思う今日この頃。(日頃の行いがよろしくないのか?)

他にも、ちょっとはまった事があったので、それは別記事にてご報告しようと思います。





本記事は、弊社代表のブログ記事なんでもIT屋の宿命からの記事を加筆修正したものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿