2016年9月13日火曜日

DHCPサーバーが突然死 | ライタス株式会社

今日のトラブルは、DHCPサーバーが突然死するというものです。

週末明けに、仕事場に来てみると、

「ネットに繋がらない」
「NASに繋がらない」
「一部のPCは繋がる」

なんていう、なんとも変な状態を矢継ぎ早に報告されました。

もうすぐ4月の空は気持ちのいい快晴で、思わずうとうとしちゃうなー なんて思ってた気分が
早速ぶち壊された感じですが、対応はきちっとしないといけません。


さて、調査してみたところ、こんな状態でした。

  • 島単位で落ちている
  • 基幹L2に直接つないでもダメ
  • 結線が切れているのかと思ったけど、ACKランプは点灯

観察してみると、DHCPサーバーからIPがもらえていないような挙動だったので、
DHCPサーバーを直接覗いてみたら、案の定サービスが停止していました。

DHCPサーバーは、以下のような構成です。

  • Windows Server 2008 R2
  • DHCPサーバー
  • 共有フォルダ
要するに、DHCPサーバー兼ファイルサーバーと言った趣でしょうか。

さて、肝心のDHCPサーバーのMMCを確認したところ、盛大にXマークが鎮座しておられまして、
とりあえず、サービス再起動をお願いしたところ、

この操作を完了するのに十分な記憶域がありません

とおっしゃるじゃないですか。

Cドライブを確認したら、3.8GBの残容量。 確かに少なめだけど、おかしくなるには
まだ余裕が有りそう。

しょうがないので、再起動したところ、回復しました。

追跡して調べてみたところ、ページングファイル(ページングに関する話は、ここを見たほうがいいかも)
がCドライブに配置してあるのがわかりました。
なんか嫌な予感がするのですが、修正するには再起動を伴うので、
諦めて、しばらくは様子見とすることになりました。

なんとも、気持ちのすっきりしない週明けです・・・

本記事は、弊社代表のブログ記事なんでもIT屋の宿命からの記事を加筆修正したものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿