2019年6月13日木曜日

Netgearからクラウド型リモート管理サービス「Insight Pro」始まる | ライタス株式会社

Netgearは、廉価なスイッチメーカーとして知られてくるようになってきました。
ネットワーク機器では、クラウド管理の機能を有する機器が増えてきましたが、Netgearも対応したということのようです。

価格感は、そこまで高くないですが、導入するには結構なノード数導入しているか、ReadyNASのような、サーバーを導入している場合は、検討する価値があると思います。

紹介サイト
https://www.jp.netgear.com/insight/

評価レポート
https://www.jp.netgear.com/images/pdf/Miercom-Report-Netgear-Insight-Pro.pdf

弊社では、Netgearはオフィス向け分配用ハブ(L2スイッチ)として採用するケースが多いです。
理由としては、3点あります。

・ファンレスであること
・ポート数が多いものがラインナップされている
・事務机に取り付けられること
・ライフタイム保証(永年保証)があること

オフィスでの利用においては、静音性が優先されるとの考えから、ファンレスを採用しています。
また、16ポートを備えるファンレスモデルの中で、スリムかつ取り付け容易であるというところがユニークです。
オフィス利用の場合は、乱雑に扱われることが想定できるので、故障時に機器取り換えが簡単にできることが優先されます。予備器材を抱えておけば、すぐに交換できますし、ライフタイム保証によって、機械が壊れても保証されるので、投資効率も格段に上がります。
(ちなみに、かなりの数導入してますが、壊れた経験はないです)

一番おすすめしているのは、ギガビットアンマネージプラス・スイッチシリーズの16ポート GS116Eです。
この機種は、VLANに対応しているにもかかわらず、価格感が安価だと思うので、かなりおすすめです。
https://www.jp.netgear.com/business/products/switches/web-managed/GS116E.aspx

弊社でも、Netgear関連の販売が可能となっております。
オフィス内のネットワークをご検討の際は、是非ご相談ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿