2015年11月19日木曜日

Excel 2013のグラフをSVGとして扱いたい | ライタス株式会社

今回は、インフラITとはかなり異色な記事になりますが、せっかくなので投稿しようかと思います。

とある方から、グラフを作ってくれと言われたのですが、印刷物にするので、解像度を高めに作ってくれというオーダーがありました。
あまり印刷系には詳しくないのですが、そういった要望もあるんだなと思い考えたところ、
ベクターデータとして取り扱えるようになれば、解像度の問題も解決するのではないかと思いつきました。

Excelのグラフもベクターデータとして取り扱う方法があるようだったので、チャレンジしてみました。

画像はあまり取得していなかったので、文字ベースでの説明になりますが、ご容赦ください。


1. Excelでグラフを作る
2. クリップボードにコピーする
3. Word か PowerPointを起動する
4. 形式を選択して貼り付け 形式は、 図(拡張メタファイル)
5. 保存する
6. 保存したWord or PowerPointの拡張子をzipに変更
7. zipファイルを開き、xl\mediaの中にemfという拡張子のファイルを解凍
8. Inkscapeで開く
9. 名前を付けて保存で、SVG形式を指定して保存する


だいたいこんな感じで対処できます。

イチからSVGでグラフを書くというシーンは想像できませんでしたが、これなら気軽にグラフの調整ができるので、ここぞという時にご活用ください。

本記事は、弊社代表のブログ記事なんでもIT屋の宿命からの転載です。

0 件のコメント:

コメントを投稿