2015年11月14日土曜日

Oracleデータベースの文字コードセット変換 | ライタス株式会社

データベースサーバーリプレースに伴い、内部データも移行することになったのですが、EUCで作られているデータベースをSJISTILDEへ変換して移行することになりました。

っていうか、なんでWindowsなのにEUC・・・という突っ込みはさておいて、移行手順について、覚え書きしておきます。

exp/impで移行するので、手順は簡単。 NLS_LANGを設定してからexpするだけ。
こうすることで、エクスポートファイルが、NLS_LANGの設定に従ってエクスポートされます。
たたいたコマンドも以下に載せておきます。
set NLS_LANG=Japanese.JAPAN.JA16SJISTILDE
exp ***/*** file=***

基本的に、データベース自体の文字コードセット変換はできないようで、今回のEUC->SJISのようなケースでは、エクスポートインポートを使うのが通例のようです。
文字コード変換用のツールもあるようなのですが、SJIS->UTFのような変換にしか対応していないようなので、文字コードの設定にはくれぐれも気をつけましょう。



本記事は、弊社代表のブログ記事なんでもIT屋の宿命からの転載です。

0 件のコメント:

コメントを投稿