2016年2月16日火曜日

リモートデスクトップ接続するとサーバが落ちる | ライタス株式会社

あえて、ありがちなキーワードのタイトルにしてみました。

今日の出来事(トラブル)は、リモートデスクトップでサーバー(Windows Server 2003)に接続すると、サーバーがブルースクリーンで落ちるというもの。

最初は、さっぱり分かりませんでした。
だって、いきなりサーバーが止まるのですから・・・
発見した人は、「リモートデスクトップでつなごうと思ったら、サーバーが落ちている。調べてくれ。」とおっしゃるので、とりあえず、まともに起動させてイベントログをチェック。

イベントID:6008 Eventlog
以前のシステム シャットダウン ( 日付) は予期されていませんでした。
イベントID:1003 System Error
エラー コード 1000007f、パラメータ1 00000008、パラメータ2 f7727fe0, パラメータ3 00000000、パラメータ4 00000000.

数分後に起動してくるので、ブルースクリーンか何かだろうとは思いましたが、急に頻発したので本格的に調査しました(ググるとも言う)。
調べると、結構出てくるなぁ・・・

ともあれ、原因判断としては、RDPの問題のようです。ただ、再現性があるようでないので、確定情報ではありませんが、調べた点と照らし合わせて分かったことを以下に記載。
  • Windows XP SP3のRDPで接続すると発生?
  • 解像度が大きい(?)クライアントからアクセスする ?

Microsoftからサポート情報が緊急公開されました。(KB928006)
http://support.microsoft.com/kb/928006/ja

原因はよく分かりませんが、5月のWindowsUpdateに何か問題があった可能性があります。

今のところ、分からないだらけなので、続報が出次第、追加記事を書きたいと思います。



本記事は、弊社代表のブログ記事なんでもIT屋の宿命からの転載です。

0 件のコメント:

コメントを投稿