2016年6月9日木曜日

w32timeが相変わらずのぐずりっぷり | ライタス株式会社

今回の現象は、ある時にいきなりw32timeが停止してしまう問題です。

環境ですが、Hyper-V 2.0上に立ってるWindows Server 2003 R2で発生しました。

Hyper-V上では、「時刻の同期」オプションを止めています。


起きた現象を伝えるには、まずは以下の画像を御覧ください。



w32timeを手動で動かそうとしたときに、「指定されたファイルが見つかりません」と表示されます。

なにかの拍子におかしくなるんでしょうか。 設定した時には、確実に動いていたので、なんとも不可解。

イベントログには、特に見当たるものがないので、調べの手がかりが無いのです。

いろいろ調べましたが、結局は、w32tm /unregister と w32tm /register で、
再インストール的なことをすれば、解決します。 原因は不明のままお蔵入りです。

再発性があるようなので、ご用心を。




本記事は、弊社代表のブログ記事なんでもIT屋の宿命からの記事を加筆修正したものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿