GPT-4のbingでの使い方と機能の紹介 | ライタス株式会社

 

こんにちは。今回はGPT-4bingで使えるのでその使い方や機能を紹介したいと思います。

 

GPT-4とは?

 GPT-4とは、オープンAIが開発した自然言語処理のモデルです。これは、GPT-3の後継であり、約1.6兆個のパラメーターを持ち、様々なタスクに対応できる汎用的なモデルです。GPT-4は、文章生成や要約、質問応答、対話などのタスクにおいて、高い性能を示しています。

使い方

実はGPT-4は新しいbingでマイクロソフトがカスタマイズしたものを使うことができます。その使い方を説明していこうと思います。

1.        Windowsをお使いの方はedgeを開いていただくと右上の方に画像のようなマークがあります。


2.        次のような画面が表示されるので下の入力欄で聞きたいことを入力するだけです。


3.        windows以外の方はbingのサイトで左上にある「チャット」をクリックしていただくと使うことができます。

 

 注意事項として、1チャット6回、1日チャットが上限ですので、ChatGPTをうまく併用して使うことをおすすめします。


できること

 このbingではチャットで検索や質問をするだけではなく、「作成」の欄でメールやブログの分などある程度指定して書いてもらうことができます。また、文章の長さも指定できるので用途に合わせた文章を書いてもらうことができます。


まとめ

 今回はGPT-4を体験できるbingの使い方について解説しました。チャット形式で質問や検索だけではなく、メールやブログなどの幅広い種類の文章を書いてもらうことができるのでぜひ、使ってみてください。




コメント

このブログの人気の投稿

Firefoxを起動したら、Couldn't load XPCOM. というエラーが出る時の対処法 | ライタス株式会社

[Virus Error]と件名に挿入されたメール

マテビュー(マテリアライズドビュー:Materialized View)のせいで、表領域が削除ができない | ライタス株式会社