LTE対応のWifiルーター NEC Aterm HT100LNで激安インターネット環境を試す | ライタス株式会社

代表の箕谷です。

「とある事情により、インターネットを引いていないお宅で、とにかく遅くてもいいからインターネットが使いたい。しかもとにかく安く。」

というお題を頂戴しましたので、それに対するアンサーを考えてみました。

インターネット接続の手法を検討する

インターネットに接続する方法としては、基本的にはフレッツを契約するか、CATVなどのインターネット提供会社との契約をして、工事を行うという選択肢になりますが、最近はSIMフリー化が進み、またMVNOやeSIMの登場により、携帯電話網がより身近に、より安くに導入することができるようになったので、この辺の調査がてら、どのような選択肢があるのかを検討しました。

とにかく遅くてもよいという要件は、IoT向けSIMが適用できそうです



神プラン 298円(税込み 328円)を選択しました。


SIMが使えるWifiルーターを探す

SIMを使ってYAMAHA RTXシリーズのWAN側を提供する事例があったのを思い出したので、これにWifi APを付けるという手を最初考えていましたが、どう考えてもRTXシリーズは高くなりすぎるので、却下しました。

https://network.yamaha.com/setting/router_firewall/internet/internet_connect/mobile

翻って、SIMが使えるルーターを探してみることにすると、IO-DATAとNEC、もう1社提供していることが分かったので、比較してみることにしました。




結果、NEC Aterm HT100LNを使ってみることにしました。

設定と速度計測

まずは、定番の開封の儀です。
ロケットモバイルからは、申込から1日でSIMが届きました。

Aterm HL100LN の外装はこんな感じ。


内容物はこんな感じ。

ちゃんとnano SIMの刺さるところがあります。


説明書に書いてある通り、SIMの欠けている方を奥側に、金属側を基盤側に向いていることを確認して、挿入します。

ノートPCから、Wifi経由でルーターの管理画面を開くと、初回ウィザードとして、管理パスワードを設定を促されるので登録します。

その後、SIMカードを検知したのか、APNの接続先設定が表示されました。
今回は、ロケットモバイルなので、リストに存在していません。
よって、手動設定を行います。


APN設定は、ロケットモバイル同梱の説明書に書いてあるので、それを転記します。

Wifiルーター自体のメンテナンスルールに同意したら、WAN接続確認が出ます。
無視してもいいのですが、一応疎通確認してもらいます。


無事接続のようです。

ロケットモバイルの神プランですので、200kbpsは期待できるとのことでしたが、思ったよりダウンロードは出ている印象です。

インターネットも遅いですが、ちゃんと使えるようで、目的は達成しました。


総括

結果、かかった費用は以下です。


初期費用

 ロケットモバイル契約手数料 3400円

 Aterm HT100LN 13,800円

月額費用

 神プラン 328円


他の一般的なモバイルルーターであれば、もっと速度が出るので、比較にはなりませんが、

超低速インターネット環境が必要な場合は、こういった選択肢も考えられますので、参考までに。



コメント

このブログの人気の投稿

Firefoxを起動したら、Couldn't load XPCOM. というエラーが出る時の対処法 | ライタス株式会社

マテビュー(マテリアライズドビュー:Materialized View)のせいで、表領域が削除ができない | ライタス株式会社

squidでresolv.confが適用されない | ライタス株式会社