2016年2月17日水曜日

リモートデスクトップ接続をするとサーバが落ちる(2) | ライタス株式会社

前回の続報です。
とりあえず、MSに問い合わせをしてみたので、結果待ちの状態です。
引き続き調べていたところ、違うKBを発見しました。

私のところで出ている現象は、Windows Server 2003だけなのですが、2008 R2でも同様(?)の現象が出るかも知れないようです。

複数のユーザーが Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューターへのリモート デスクトップ サービス セッションを確立すると、stop エラー 0x0000007E が発生します。
http://support.microsoft.com/kb/2431799/ja

こちらのKBでは、複数のユーザーがリモートデスクトップでアクセスすると出る現象のようですね。
正直、勘弁して欲しいというところが本音ですが、Hot Fixを当てることにより回避できるようなので、早くWindowsUpdateで配布されるようになって欲しいですね。




本記事は、弊社代表のブログ記事なんでもIT屋の宿命からの転載です。

0 件のコメント:

コメントを投稿