Windows 8のSEPインストールで日和る | ライタス株式会社


なにやら、最近のWindows 8ですが、話題に事欠かない日々が続いています。

うちの会社でも、一部ですがタブレットが導入されました。

富士通さんのタブレットなのですが、思うことをとりあえず一つ・・・・



使い方がわからない


別に、富士通さんが悪いわけではなく、タブレットUIの使い方がサッパリということなんです。

右クリックが分からないやら、メニューがどこにあるやら、どうやって表示させるやらで、、、

さすがに説明書を読まないとですね。


さて、本題のSymantec Endpoint Protectionなのですが、インストールするのにお作法がありました。

ポイントだけさらって行くと、

「Windows Defenderを停止する」

これです。


Windows Vistaからは、Windows Defenderがデフォルトでインストールされていますが、
今回は、これが悪さ(?)をしていました。

コントロールパネルを開いて、検索窓に「Defender」と入力すれば、コンソールが開きます。
そこで、無効にすればOKです。

無効にしたら、速やかにSymantec Endpoint Protectionをインストールしましょう。

何とかできたのはいいのですが、UIになれるのに、しばらく時間がかかりそうです・・・

本記事は、弊社代表のブログ記事なんでもIT屋の宿命からの転載です。

コメント

このブログの人気の投稿

Firefoxを起動したら、Couldn't load XPCOM. というエラーが出る時の対処法 | ライタス株式会社

マテビュー(マテリアライズドビュー:Materialized View)のせいで、表領域が削除ができない | ライタス株式会社

squidでresolv.confが適用されない | ライタス株式会社