Oracle 10g でのexpdpでexcludeオプションを利用する | ライタス株式会社

Oracleデータベースの論理バックアップ(エクスポート)に利用されるコマンドにexpdp/impdpがあります。
解説されているサイトは他にたくさんあるので、ここでは割愛したいと思いますが、ちょっとはまった事があるので、書いておきます。

Oracle 10gでexpdpを使うことができますが、このコマンドのオプションにexcludeというものがあります。
このオプションは、エクスポートする内容にexcludeで指定したテーブルやらビューやらを含めないようにするという代物ですが、11gで使用するものと指定の仕方が若干異なります。
以下に、統計情報STATISTICを除外してエクスポートするコマンドを並べてみます。

Oracle 10g
expdp scott/tiger EXCLUDE=TABLE:\"LIKE \'%STATISTIC%\'\"
Oracle 11g
expdp scott/tiger EXCLUDE=STATISTIC

excludeオプションに10gではLIKE句を使用して指定しているのに対し、11gでは単に対象とするテーブルの一部を書けばよいようになっています。

とはいえ、あまり使う場面はないかも。。。




本記事は、弊社代表のブログ記事なんでもIT屋の宿命からの転載です。

コメント

このブログの人気の投稿

Firefoxを起動したら、Couldn't load XPCOM. というエラーが出る時の対処法 | ライタス株式会社

[Virus Error]と件名に挿入されたメール

マテビュー(マテリアライズドビュー:Materialized View)のせいで、表領域が削除ができない | ライタス株式会社